テレクラの利点

テレクラの利点は、出会い系サイトなどよりも手っ取り早く、女性との接触が可能であるところが好まれるポイントとなっています。
しかし、テレクラを始めようとしても、特にテレクラ初心者や律儀でまじめな男性は、女性に「疎まれる」ということが指摘されています。
それは何故でしょうか。
テレクラで会話をする女性とは初対面ですから、勢い言葉遣いが紳士的になりやすいのですが、あまりにも紳士的で、女性との距離感があり過ぎると感じさせるようなのです。
紳士的過ぎると、女性には無機質な感じを与えるのかもしれません。
初対面なのに、「ため口」で通すことに抵抗を感じる男性が多いということでしょうか。
そんな些細なことで、交渉の成立に影を落とすようなことだけは、避けなければなりません。
そんな硬い雰囲気を壊す会話が「エッチな話」なのかもしれません。
「初対面の女性にエッチな会話」と、まじめな男性は気後れしがちだと思われますが、そこはテレクラ、最終的にはエッチに臨むのですから、その前の会話でもエッチについて盛り上がることも必要なことでしょう。
伝言ダイアルの交換で、まじめな結婚相手を探すことも可能なようです。
まじめすぎて、異性との会話には不得手な男女が増加しています。
そんな男女を結びつけるのに、テレクラを利用するという試みも試されているようです。
伝言ダイアルは直接の会話は必要ありません。
予め録音状態の声を登録しておくシステムなので、自分の好きなように話すことができます。
「朴訥とした話しぶりに興味を示す」人が現れたら、それはそれでいいことではないでしょうか。
テレクラと人妻 「今、旬な関係」というキャッチコピーができそうなくらい、人妻の人気が高くなっています。
テレクラにはとかく、援助交際=売春というイメージがついて回りました。
テレクラと人妻に特化したサイトが増えてきたせいで、人妻需要は高まりを見せています。
人妻は金銭の要求はあまりしません。
しかも、昨今は逆援助交際の機会も増えているようなのです。
セックスの満足を得るためなら、金に糸目は付けないというマダムが増えたのでしょうか。
テレクラのドタキャン率は減少の傾向にあります。
これは歓迎すべきことで、テレクラの創世記を見てきた男性たちにとっては、にわかには信じられないことかもしれません。
その原因は、いたずら目的で接触を図ってきた女子高生や女子中学生たちが、テレクラサイトから離れてSNSへ向かって行ったことが挙げられます。
SNSでもいたずらを繰り返しているのでしょうが……。
出会うと見せかけて、男性をおちょくるということが、度々行われていました。
また、サクラの減少傾向も報告されています。
法律が改正されて、「詐欺犯」として取締りの対象になることを恐れたのでしょうか。
テレクラでの進展がいまいちの男性は、それなりの理由があります。
それは話の端々で、当該男性が「お金持ち」ではないことが露見してしまった場合、などが考えられます。
会話をしている相手女性が、どうも「金持ち」ではないようだと感じたら、その後の進展はありません。
女性が男性に求める理想像は、金持ち・長身・高学歴・ルックスの良さ等が挙げられます。
別に「結婚する」わけでもないのですが、女性の場合は、理想としての欲求は果てしなく存在します。
なので、一回だけの関係でしかない場合でも、「いい男」を求める傾向はあります。
「お前はどうなんだ」と女性に言ってみても意味はありません。
女性とはそういうものなのです。
ならば、彼女らの欲求を叶えるように振舞うことは、必要悪かもしれません。
女性が結婚詐欺に引っかかる率は、男性よりも多いと思われます。
女性たちの考えている果てしない「欲求」が、裏目に出た結果とも言えます。
テレクラで成功しない男性には共通項があります。
それは「テレフォンセックスでも成功はおぼつかない」ということです。
テレフォンセックスで成功するには「コツ」があります。
「二人が同時に満足する」という、テレフォンセックスの大前提があるからです。
男性だけが、自分の基準で満足するということは許されません。
自分だけで満足したければ、一人でオナニーをしていればいいだけの話で、テレフォンセックスをするという意味はありません。
テレフォンセックスを成功させるには、自分の性的興奮を相手女性に伝えることが重要なのです。
恥ずかしがっていてはいけません。
男性の性的興奮を伝えることによって、女性も興奮を促されるのです。
こうして、二人で一緒に性の佳境に入ることができるのです。
テレクラで成功するには、テレフォンセックスで成功しなければならないのです。
テレクラ成功法としては、とにかく相手を「褒める」戦術を駆使することです。
相手女性の気に入られなければならないわけですから、とにかく「褒める」箇所を探します。
声の質・会話の間合いの取り方・仕事・話しぶり・反応の仕方等々、「褒める」箇所は無限です。
以前「褒め殺し」と言う言葉が流行りました。
殺してしまってはいけませんが「褒める」ことに制限はありません。
男性は褒められることには向いていませんが、女性は褒められるとどんどんその気になります。
女性を褒めることに躊躇することは、成功への道からは遠く離れてしまいます。
「歯の浮くような」褒め言葉も、女性には当たり前なのです。
「女性をものにしたい」という一点で、褒め言葉を使い続けてみましょう。
きっとその先の展開が開けていくことでしょう。
二人で楽しむことに「独りよがり」は最初から通じないということです。